トップ / コンピューターデータを安全保存

コンピューターデータを安全保存

コンピューターの基本

メモリ

コンピューターのデータの保存先

コンピューターのソフトウエアで製作したデータ、それを安全に保存するためには、外部メディアが必須です。データの量が少ないならばSDカードやフラッシュメモリが役立ちます。製品の価格が安くコンパクトなボディですから、携帯性にも優れています。一方でコンピューターに常時接続して使うなら、外付けハードディスクがベターです。500GB、一テラバイトといった膨大な量を保存出来ます。動画や高画質な画像を大量に製作または保存している方々は、そういった外部メディアを選択すべきです。また近年では無料で使えるオンラインストレージサービスもありますので、そちらも検討しましょう。

データの保存とバックアップ

コンピューター製品の多くには、大量のデータが保存出来るハードディスクが搭載されています。ハードディスクは安価なパーツであり、大量の音楽、動画、文書ファイルを保管する事が可能です。ビジネスパーソンやネットユーザーの大半は、コンピューター製品の本体にデータを保管しますが、万が一のリスクに備えて、バックアップを取る人々も少なくありません。デジタル形式のファイルは原因不明のトラブルによって消える事がありますので、外付けハードディスクを購入する、オンラインストレージサービスに預ける等、重要な物は必ず対策を取っておくべきです。

↑PAGE TOP